節約主婦の悪戦苦闘・節約してお金を生み出す裏技

2011年06月21日

日立、通天閣のネオンをLEDに 消費電力半減

日立、通天閣のネオンをLEDに 消費電力半減
産経新聞 6月20日(月)12時57分配信


約2カ月ぶりに再点灯された通天閣のネオン=14日午後7時9分、大阪市浪速区(門井聡撮影(写真:産経新聞)

通天閣.jpg

日立製作所は20日、大阪市の通天閣のネオンを全面リニューアルすると発表した。
ネオン管の大部分を発光ダイオード(LED)とし、消費電力を現在の約半分に削減するとともに、多彩な色を使ったライトアップを可能にする。
7月1日から工事に入り、10月28日からLEDによるネオンを点灯する。

通天閣は通天閣観光(大阪市)が運営しており、日立は通天閣が再建された1957年からネオンによる広告を掲出している。
日立は5〜6年のサイクルでネオンをリニューアルしており、現在のネオンは2006年10月から使用している。

【引用】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20110620-00000540-san-bus_all



通天閣は、大阪府大阪市浪速区にある新世界界隈の中心部に建つ展望塔で
国の登録有形文化財に指定されている名所です。

大阪の観光スポットとして有名ですね。

今の、通天閣は二代目で1956年(昭和31年)に完成した物だそうです。
通天閣観光株式会社によって運営されています。


避雷針を含めた高さは103mもあります。

設計者は、ほぼ同じ時期にできた名古屋テレビ塔、東京タワーなどを手がけた内藤多仲で、建設を施工したのは奥村組だそうです。


通天閣とは「天に通じる高い建物」という意味で命名したそうで
名前をつけたのは明治初期の儒学者、藤沢南岳と記録されているそうです。


完成翌年の1957年(昭和32年)から、塔の側面に総合電機企業の日立製作所が広告を出しました。
二代目通天閣に建替えられた1956年(昭和31年)は年間入場者が155万人を越えていたようです。


「この木何の木・・・」日立ソングはいい響きです。

開業54年目の2010年6月30日入場者数3500万人を突破したそうです。

節電された新しい通天閣が出来上がったら、是非、見に行きたいです。

posted by ノンビイ at 12:33| Comment(2) | 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

北アルプス・西穂高岳に登れなかった夏休み

もう一度行って見たい新穂高・上高地


随分前のことですが北アルプスに興味があって夏休みのたびに上高地や新穂高温泉に通ったことがありました。

岳.jpg

(この写真の著作権はWikipediaにあります)

夫が、まだ、元気な頃のことです。

わたしたちは、職場で出会って家庭を持ちましたが、意気投合したのは山登りの話しからです。


わたしは、学生時代に安達太良や裏磐梯の山を散策程度に歩いていました。

山らしい山には、まだ、行ったことがありませんでした。


今では、交通の便が良くなって何処の山でもすぐに山頂に着いてしまいますが、その当時は、時間をかけなければ登れない東北の山も在りました。


幸い、夏休みがもらえる職業でしたので北アルプスに登ってみたいという話になって計画を立て始めました。


そのころ、長女が東京の大学に在学していたので、そこを宿にして行動しようと言うことになり、車で出かけたのでした。

穂高岳.jpg

(この写真の著作権はWikipediaにあります)

1年目は、東京まで行ったとき、台風が来て引き返しました。

2年目は、今度こそ!と意気込んで行ました。


まず、上高地に着いて山小屋に1泊しました。

朝、起きてみると雨が降っていました。

「雨が止めば行ける」

と、わたしは、単純に思っていたのですがフロントに様子を聞きに行った夫が帰ってきて

「こんな日は、足場が悪いから無理だって!」

と言うではありませんか!

自然のことですから、仕方がありませんけれども残念で仕方がありません。


傘を持って河童橋まで行きました。

河童橋の真ん中に立って山の姿が現れるのを待ちました。


せっかく来たのですから、山の姿も見ないで帰るのは残念でたまりません。

じっと待つことにしましたがなかなか雨もやまないし、雲も切れません。

「仕方がないからコーヒーでも飲んで待つか?」

夫と二人で、レストランに入り、カレーライスとコーヒーを注文して時間をつぶすことにしました。


カレーライスを食べ終わった頃、外がにぎやかになってきました。

窓のほうに視線を移すと明るい空の色が見えました。


「雨、晴れたみたい!」

夫は、望遠のレンズをカメラに取り付けています。

「先に行ってるから」

河童橋の真ん中に立ったわたしが見たのは、雲の切れ目から顔を出し始めた前穂の姿でした。

待つうちに、少しずつ山の姿が鮮明になり、後ろのほうに奥穂の姿が黒く雲をかき分けるように現れてきたのです。

梓川と穂高.jpg

(この写真の著作権はWikipediaにあります)

夫は、レンズを構えシャッターを切っていました。

つまり、その年も山には登れませんでした。


3年目の夏休みが来ました。

「今年こそ、登るぞ」

そう決めていました。


準備をするのは、なれたものです。


車に積む荷物とリックサックに入れるものに分けて、こまごました準備も億劫ではありません。

「今年は、新穂高ロープウェイの方から行ってみるか?地図も作ってから!」

夫は、日程表と地図を渡してくれました。


東京で一泊、娘の顔を見て、いざ、出発です。

幸い、今年は、台風は着ていないようです。


西穂高岳.jpg

(この写真の著作権はWikipediaにあります)

ロープウェーイから眺める雄大な北アルプスが晴れわっ立った空に映えてきれいな新緑です。

千石平(2156m)まで登ると登山家しが見ることの出来ない槍ヶ岳・穂高岳・焼岳・笠ヶ岳の雄大な山々がマジかに見ることが出来ました。

そこから、1時間半の登山で西穂山荘です。

上高地を上から見下ろせる地点です。


今晩は西穂山荘に泊まる予定でした。

小休止をしていたら、向こうから降りてきた老人に出会いました。

挨拶をして、一緒に石に腰掛けて休んでいたときのことです。

「どちらまで?」

と、その人は聞きましたので

「西穂山荘まで行って泊まり、明日は、ゆっくり登るつもりです」

と話しました。

西穂山荘.jpg

(この写真の著作権はWikipediaにあります)

「西穂山荘は、火事で焼けてしまいました」

と言うでは在りませんか?

夫は、時計を見て

「困ったなあ!俺たちの体力では1泊しないと無理だ」

と言いながらわたしの顔を見ました。

わたしは、残念でたまりませんでしたが山で無理をするのは禁物です。

しっかりと回りの景色を目に焼き付けて引き返す決心をしました。

結局、西穂高岳山頂に行くことは出来ませんでした。













posted by ノンビイ at 11:11| Comment(2) | 山登りの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

宮城蔵王観光スッポト・御釜・エコーライン

水仙が満開な烏帽子スキー場:宮城蔵王



宮城蔵王の春は、烏帽子スキー場の水仙からはじまります。黄色の水仙の群落と言ってもいいほど、斜面いっぱいに咲いています。

水仙.jpg
(この写真の著作権は、宮城蔵王観光協会に属します)

今までは、主に山形蔵王を紹介していましたが、身近にある宮城蔵王を紹介したいと思います。


今年は、冬期の通行止めに加えて東日本大震災の影響で蔵王エコーラインの開通が遅れていましたが4月28日(木)午前11時に開通しました。

同時に、お釜に通じる蔵王はいラインも開通しました。



滝見台付近では、地震の影響で壁面の一部が崩落しているため、片側通行になっています。
滝見台の見学は、危険が伴うためしばらくの間できません。



宮城蔵王の観光は、「御釜・蔵王エコーライン」ではないでしょうか?



◇御釜(おかま)


蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円形の火口湖です。
釜状なので「御釜」と呼ばれるようになりました。

お釜.jpg
(この写真の著作権は、宮城蔵王観光協会に属します)

湖面は、エメラルトグリーンの水をたたえており、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気をかもし出しています。

冬の樹氷と共に蔵王の象徴となっています。



◇蔵王の樹氷(じゅひょう)


樹氷は、アオモリトドマツの木に氷と雪が付いたものです。
日本でも限られた地域にしか見られません。




宮が蔵王では、深雪の樹氷原まで雪上車に乗車して見たり触ったりして鑑賞することができます。
これは、全国ではここだけで体験できるものです。

11月上旬から4月下旬まで行くことが出来ます。



◇蔵王エコーライン



蔵王エコーラインは、蔵王連邦を東西に横断しています。

宮城県と山形県をつなぐ山岳道路です。

4月下旬の開通から5月中旬までは、雪の壁、夏は新緑を浴びながらのドライブ。
9月下旬からは紅葉が美しく、季節折々の自然が満喫できる道です。


11月初旬から翌年4月下旬までは冬季閉鎖になります。 



肉の旨みがジュワーっと広がり脂がしつこくなくたくさん食べれます!蔵王牛すき焼き肉贅沢すぎ...

幻のにんじん、雪下人参!糖度11度以上の奇跡の甘さ♪人参独特のクセのある香りがほとんどしな...

 赤系辛口味噌の代表「仙台味噌」職人こだわりの味噌!一目千本桜 吟醸みそ(500g×12個)【宮...


posted by ノンビイ at 11:13| Comment(0) | 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

春夏スキーが出来る鳥海山から酒田まで・・・

春夏スキーが出来る鳥海山から酒田まで・・・


鳥海山は、山形県と秋田県の県境にあって、日本海に面し、標高2,236メートルの美しい山です。これからの季節は、ドライブコースとして楽しめるところです。


鳥海山は、またの名を出羽富士とも呼ばれ、山麓周辺の人々の守り神として古くから崇められていました。

鳥海山.jpg


気象変化は激しく、それだけに四季の彩りも鮮やかで、その自然の変化には目を見張るものがあります。降り積もった雪が豊富な沢水となり、幾条もの谷を刻んで広い山裾に流れ、御水は水田を潤し稲を育ててきました。


人々の生活の背景にはいつも鳥海山があり、信仰の山としての存在も大きく、その姿の美しさとともに心の支えとなっています。



貴重な動植物が数多くあり、7月下旬から8月上旬にはチョウカイフスマ、チョウカイアザミなどの固有種をはじめとした多くの高山植物が花をつける。
4月下旬から春、夏と山スキーが楽しめます。

トキソウ.jpg


左側に日本海、右側に鳥海山を眺めながら、北へ進むと、昔、舟運で栄えた港町・酒田に着きます。

映画「おくりびと」のロケ地として話題になった場所でもあります。



市街地を抜け国道112号から国道7号に入ると左手には穏やかな表情を見せる日本海が広がっています。そして、日本海を眺めながら北上し県道210号から鳥海ブルーラインへ進んでみましょう。

みずばしょう.jpg

ヘアピンカーブが連続するワインディングロードには鳥海山の雄大な眺めと、日本海の水平線が一望できるスポットがいっぱいです。



秋田県に入り、県道312号で仁賀保高原へ向かってみました。
緑鮮やかな高原で和んだら国道7号へ戻り日本海に沈む絶景の夕日を見るのもたのしみです。


maizurusou.jpg



登山バス鳥海ブルーライナー(秋田県象潟駅〜鉾立間)

7月10日から8月31日まで毎日、9月の毎週土日・祝日、
10月の第1土日まで、1日2便を運行しています。

○象潟合同タクシー TEL 0184-43-2030

posted by ノンビイ at 11:20| Comment(1) | 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

蔵王山頂から月山を眺める!!山形盆地の春・夏

山形の自然「月山の春・夏」



わたしが、蔵王に行くのはたいてい冬です。

冬の晴れた日は、山頂の地蔵から日本海側を眺めると姿の美しい山並みが連なっていますが
その中で一段と身につく山が月山です。

その雄姿は、冬のキーンとした空気の中での緊張感を伝えてくるものがあります。

月山遠謀.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)


おそい春が訪れると「山菜とり」の人たちや花をめでる人たちが観光バスで
大勢やってきてにぎわいます。
観光バスの人たちが戸惑うのは、麓にたどり着くまでの行程です。



車が入れないので、徒歩で上るしか方法はありません。
庄内側からならば、登山口まで乗り物で行くことが出来ますが
観光バスで行っても姥沢からリフト乗り場までは歩かなければならないのです。



そのためかこの山は、若者が多いです。
五月の連休の頃になると日本全国から、山スキーの好きな若者が集まてきます。
車を降りたスキーヤーたちは、スキー板を担いでリフト乗り場まで歩くのです。



これは、結構、体力が要ります。
わたしたちは、「おばさんスキーヤー」ですが
一度、月山の夏スキーがしてみたくて、サークルのメンバー5人で行って見ました。

月山神社 山頂.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)

リフトに乗ってスキー場に着くと、今度は、スキー用のリフトに乗って頂上まで
行きました。月山スキー場といいますが、ここは、普通のスキー場のような整備は
されていないのです。



荒々しい削られた山肌に、春の雪が積もっています。
そこを半袖Tシャツを着た若者たちがすピードを上げて滑り降ります。
急な斜面、えぐられたカーブ、荒れた雪などの斜面です。



わたしたちのサークル「エーデルワイス」の
おばさんスキーヤーには、ちょっと、きつかったかな!



山スキーのシーズンが終わると、本格的な登山シーズンが始まります。
月山の尾根を登ると、目の前にお花畑が広がっていて目を見張ります。

みやまキンポウゲ.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)

夏休み行ったときもところどころに雪がありました。
雪を掘ってきれいなところを口に入れて喉を潤しました。
月山神社までたどり着いたときは、ホーと安心して息を吐いたものです。




姥沢バス停→月山リフト→姥ガ岳→牛首→月山神社→山頂→仏生池→月山八合目バス停

所要時間4時間、標高差500m

アクセス:車:月山ICから国道112号線で20分(姥沢(月山スキー場)への最寄IC)
      :バス:西川町営バス姥沢バス停、または庄内交通月山八合目バス停
★驚愕の旨さ。味わい大爆発。これが日本酒の底力だ!!★【贈り物】【辛口】【冷○燗○】【日...


posted by ノンビイ at 15:05| Comment(0) | 山形の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

さくらんぼを求めて、山形蔵王旅行を・・・

さくらんぼを求めて蔵王温泉旅行をしてみませんか?
  


サクランボは有史以前から食べられていたそうです。

原産地は、イラン北部からヨーロッパの北部にかけて野生していたそうです。

さくらんぼ1.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)


昭和30年代、山形は、米作りが中心で、それ以外に主な産業がありませんでした。

蔵王と言う景勝地があり、豊富な温泉が湧き出ていることから、観光産業を起こそうという計画が考えられたそうです。

そのことで、山形県の観光、文化は、目覚ましく発展して現在に至っています。




冬の蔵王は、樹氷で有名です。

その姿を見ようと、スキーやスノーボードを抱えた人々があるまります。
冬の蔵王は、張り巡らされたロープウエーやリフトから、眺める景色は絶景です。




温泉も湧き出ていて、スキー場の中でも湯煙が上がっています。



しかし、勤勉な山形人の県民性でしょうか?
冬だけの賑わいに満足していませんでした。



その地形を利用して果物作りが盛んになったのです。


南陽市のブドウ!

上山、天童のサクランボなどです。



今では、ブドウもサクランボもハウス栽培です。



観光ぶどう園や観光サクランボ園もたくさん出来て、春から夏にかけてもにぎわっています。

佐藤錦.jpgナポレオン.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)


その中の王者が「サクランボ・佐藤錦」です。

結構、手が掛かるので値段も張っていますが5月〜6月は、さくらんぼ狩の観光バスが山形に向かいます。【遅れてゴメンネ母の日さくらんぼ】【母の日 カーネーション】


幸い、震災の被害も少なく、被害を受けた人たちを暖かく向かえいれてくれる県民性を持っています。


これから、サクランボの季節が始まりますので、蔵王を基点にして山形観光にお出かけください。

 
山形旅行ー観光、温泉、名所、宿泊



posted by ノンビイ at 15:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

竹富島観光:水牛車に乗って島を歩く

水牛に乗って竹富島めぐり



「明日は、帰る日、だから今日、竹富島にいってみない!」

突然、妹が言い出しました。
 
 「いいよ!どんな島なのか、楽しみね」

船に乗る桟橋まで、そんなに時間は、かかりませんでした。

思っていたよりも、小さい船にのって1時間弱で島に着きました。


水牛.jpg
この写真の著作権は、竹富島観光協会です)



島の集落をのんびりゆっくり巡る水牛車は、竹富島観光の名物だそうです。

ガイドさんの名調子に耳を傾けながら、昔ながらの風情を残す町並みを
30〜40分かけてまわるので、竹富島観光の入門にはもってこいでした。



島には2つの水牛車観光の業者があるそうです。

今回は、水牛のさくらちゃんにお世話になりました。

「コースはさくらちゃんにお任せ」とガイドのおじいが言うとおりしっかりと
観光コースを覚えている様子でした。



水牛車一台がギリギリ通 れる集落内の路地を上手に曲がっていくのには驚きでした。




現在の竹富島の人口は300名余り。年寄りがほとんどの島だけど「年がら年中観光客がやってくるのはなぜかね」などと、おじいの愉快な島解説が続きます。



途中、沖縄民謡「安里屋ユンタ」の主人公、安里屋クヤマの生家の前を通 りかかると、ガイドのおじいが三線を爪弾きながら自慢のノドを披露してくれました。



「この島が安里屋ユンタの発祥の地なんですよ」と解説をはさみながら、もう一曲。ゆらゆら牛車に揺られるのんびり観光もいいものです。







posted by ノンビイ at 14:51| Comment(0) | 沖縄観光旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

● 石垣島旅行記

● 妹と行った石垣島観光



沖縄への旅行は、うれしい!


石垣.jpg
(この写真の著作権はWikipediaにあります)

3回目のとき、はじめて石垣島に行くことにしました。

横浜の妹と二人でのんびりとした旅でした。
続きを読む
posted by ノンビイ at 14:01| Comment(0) | 沖縄観光旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

沖縄焼きそばは、笑味たれが決めて

沖縄焼きそばレシピ


沖縄焼きそばは、沖縄そばと笑味たれの味が決めてです。
それに、溶き卵をつけて食べるのが格別です。


沖縄焼きそば




材料(2人前):


 沖縄そば     300g

 豚三枚肉(バラ肉)30g

 キャベツ     2枚

 たまねぎ     中半玉

 にんじん     少々

 ニラ       少々

 かつお節     1パック

 紅ショウガ    少々

 調味料 「笑味たれ」(カツオだし少々、ソース少々、醤油)

 卵        ときたまご





1)下ごしらえ
 
 沖縄そばをザルにあけ、熱湯を注ぎ、表面の油を落とします。
この作業を飛ばすと、そばが脂っくさくなります。



 キャベツ、ニラは食べやすい大きさに適当に切ります。
 たまねぎ、にんじんはスライスします。




2)炒める 

 
 フライパンに油を引き、豚肉を軽く炒めます。
野菜を入れ、全体に火が通ったら、いったん具を皿にあけ
 かわりに沖縄そばをフライパンに入れ軽く炒めます。



 具をフライパンにもどし、カツオだしを少しの水で溶いて入れ、ソースで味付けをします。
 


最後に隠し味で醤油を少したらして出来上がりです。
 かつお節、紅ショウガを添えます。




笑味たれ


TVで紹介された沖縄の万能たれ、笑味たれのお得なギフトセットです笑味の店 笑味たれギフトセッ...









posted by ノンビイ at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

はんだまの卵とじ(沖縄料理のレシピ)

沖縄はんだまの卵とじ(沖縄料理のレシピ)


はんだまとは?

はんだま.jpg


沖縄の葉野菜で、葉の緑色も濃く、裏は紫色です。


裏が紫色なのでポリフェノールの含有量が多く、ゆでるとぬめりが出ます。

この色の濃さからも判っていただけるようにベータカロテンがものすごく豊富に含まれています。

はんだまイリチー(炒めもの)や、ハンダマの天ぷらなどにして食べることが多いようですね。


なかなか本土では買うことができないので、私は種を取り痩せて植えてみました。



はんだまの卵とじ 材料

・はんだま 2/3束

・卵 2個

・だし汁 カップ1/2 (市販のかつおダシを薄めても可)

・しょうゆ 大匙1

・酒 大匙1 

・みりん 大匙1




はんだまの卵とじ 作り方


1はんだまは、葉を茎から摘みほんの数秒だけ下茹でする


2鍋にだし汁を沸かし、はんだま、みりん、酒、醤油を加える


3温まってきたら溶いた卵を流しいれ、鍋に蓋をし半熟になったら出来上がり







人気の沖縄料理をメーカー直送でお届け〜【SA 沖縄料理セット】※1)お届けまで4日〜10日かかり...
posted by ノンビイ at 13:40| Comment(0) | 沖縄のレシピを紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。