節約主婦の悪戦苦闘・節約してお金を生み出す裏技

2011年02月08日

アトリエ:アンジェ物語 Eアンジェのお母さんは、だれなの?

日曜日の出来事!アンジェが逃げた!?


庭から道路に繋がっている細い通路でかあちゃんが草取りをしていました。


アンジェは、真似をして草をむしろうとしますが草の力が強いので、アンジェは負けてしまいその反動で転びそうになりました。


かあちゃんは、慌ててアンジェを抱きとめ
「アンジェは、危ないから、あっちの方で遊びなさい!」
と通路の下の畑におろしました。


畑には、かあちゃんが丹精こめて育てた大根が青々と葉っぱを広げています。
アンジェは、喜んで大根畑の中に降りていきました。


勢いの良い大根の中にアンジェは隠れてしまいました。
「アンジェ、何処!」
かあちゃんは、慌てて探しました。



アンジェは、アンジェの背丈ほどもある大根を持って葉っぱのあいだから、顔をだしました。
「大きいのを取ったね。今度は、負けなかったか!」


かあちゃんは、草には負けたけれど
大根には負けなかったアンジェを見て微笑みを浮かべました。



向かいの「なんでも屋」に預かられている雪ちゃんがよちよち歩きでやって来ました。

二人は、面白がって大根畑の中を駆け回りました。
「何処にいるの? 大根の葉っぱが揺れるのは分かるけど、二人の姿は見えない!」
と、言ってかあちゃんと「なんでも屋」のおばさんは笑いました。


そのころ、アンジェは誰が母親なのかわかんなくなっていました。
アンジェがよちよち歩きの頃のことです。


ある日曜日の午後、ママは、押仕入れの整理に夢中でした。
アンジェは、お人形さんと二人でままごと遊びです。
「マリーちゃん、よくいらしゃいましたね!お茶をどうぞ!」
アンジェは、お人形と話しながら遊んでいます。


押入れの中の埃をかき出して塵取りに入れて振り返るとアンジェがいません。

「アンジェ!何処!」

ママは、慌てて台所へ行き庭の植え込みを掻き分けて探しました。

「アンジェ!!何処!」

ママの声は、苛立って来ました。」



大家さんに通じる廊下の片すみに古いミシンが置いてありました。
アンジェは、ミシンの足ふみの台に座って口をもぐもぐしていました。

「何を食べたの?」

ママは、驚いてアンジェを抱き上げました。

「あら、チョコレート?これ、どうしたの?」

ママは、アンジェからチョコレートを取りあげて怖い顔をしました。
アンジェは、足をばたつかせて泣き出しました。


アンジェは、ママの手を振り払い逃げ出したのです。
よちよち歩き、いや、よちよち走りで!

ママは、驚いて

「何処へいくの?」

と、後を追いかけました。



アンジェは、知らぬ顔をして真直ぐに大家さんの玄関に飛び込んで行きました。


廊下続きの住まいが便利だと思って暮らしていた亜鳥井家の生活でしたがアンジェが成長するに連れて心配事も増えてきました。

「アンジェたら、私が叱ったら、大家さんの家に逃げて言ったのよ!」
ママは、パパに言いました。


「アンジェは、母親が誰なのか分からなくなっているんだよ」

パパも、気づいていました。

「朝から、夕方まで一緒なのだから、仕方ないけれど?」

「だからって仕事を止める訳にはいかないし」

ママは、頭を抱えていました。


「ぼくが、アンジェと話してみるよ。彼女にわかるようにね!」

「御願いね!それでもこのままの状態が続くときは覚悟をしなければ!」

ママは、何か決心したようです。


「仕事は止めないよね!」

心配そうにパパは、言いました。

「もちろんよ!私から仕事を取ったら何もなくなるもの」


そうなのです。ママは、仕事が好きなのです。アンジェが生まれてから保育の仕事の大切さを実感しているところでした。


でも、問題は足元から起こり始めるものなのす。
ママは、何とかここを乗り越えなければ前に進めないな?
と、心の中で思い始めていました。









posted by ノンビイ at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。