節約主婦の悪戦苦闘・節約してお金を生み出す裏技

2011年05月16日

宮城蔵王観光スッポト・御釜・エコーライン

水仙が満開な烏帽子スキー場:宮城蔵王



宮城蔵王の春は、烏帽子スキー場の水仙からはじまります。黄色の水仙の群落と言ってもいいほど、斜面いっぱいに咲いています。

水仙.jpg
(この写真の著作権は、宮城蔵王観光協会に属します)

今までは、主に山形蔵王を紹介していましたが、身近にある宮城蔵王を紹介したいと思います。


今年は、冬期の通行止めに加えて東日本大震災の影響で蔵王エコーラインの開通が遅れていましたが4月28日(木)午前11時に開通しました。

同時に、お釜に通じる蔵王はいラインも開通しました。



滝見台付近では、地震の影響で壁面の一部が崩落しているため、片側通行になっています。
滝見台の見学は、危険が伴うためしばらくの間できません。



宮城蔵王の観光は、「御釜・蔵王エコーライン」ではないでしょうか?



◇御釜(おかま)


蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円形の火口湖です。
釜状なので「御釜」と呼ばれるようになりました。

お釜.jpg
(この写真の著作権は、宮城蔵王観光協会に属します)

湖面は、エメラルトグリーンの水をたたえており、荒々しい火口壁と対比して神秘的な雰囲気をかもし出しています。

冬の樹氷と共に蔵王の象徴となっています。



◇蔵王の樹氷(じゅひょう)


樹氷は、アオモリトドマツの木に氷と雪が付いたものです。
日本でも限られた地域にしか見られません。




宮が蔵王では、深雪の樹氷原まで雪上車に乗車して見たり触ったりして鑑賞することができます。
これは、全国ではここだけで体験できるものです。

11月上旬から4月下旬まで行くことが出来ます。



◇蔵王エコーライン



蔵王エコーラインは、蔵王連邦を東西に横断しています。

宮城県と山形県をつなぐ山岳道路です。

4月下旬の開通から5月中旬までは、雪の壁、夏は新緑を浴びながらのドライブ。
9月下旬からは紅葉が美しく、季節折々の自然が満喫できる道です。


11月初旬から翌年4月下旬までは冬季閉鎖になります。 



肉の旨みがジュワーっと広がり脂がしつこくなくたくさん食べれます!蔵王牛すき焼き肉贅沢すぎ...

幻のにんじん、雪下人参!糖度11度以上の奇跡の甘さ♪人参独特のクセのある香りがほとんどしな...

 赤系辛口味噌の代表「仙台味噌」職人こだわりの味噌!一目千本桜 吟醸みそ(500g×12個)【宮...




posted by ノンビイ at 11:13| Comment(0) | 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。